外壁塗装、塗料の知識

外壁塗装 塗料

シリコン塗料の特徴・メリット・デメリット

投稿日:

シリコン塗料の特徴・メリット・デメリット

シリコン塗料を外壁塗装の第一候補とお考えになっている方も多いと思います。

コストパフォーマンスを考えると、やっぱりシリコン塗料かな・・・となることも多いでしょうし、塗装業者からシリコン塗料をおすすめされている、という方も多いと思います。

迷ったらシリコン塗料がおすすめ」といわれる位に一般的で人気の塗料ですがどういった特徴・メリット・デメリットがあるのでしょうか。

しっかりと理解された上で選ばないと、いくら人気の塗料とはいえ後から後悔したり納得がいかないことも出てくるかもしれません。

この記事では、シリコン塗料の特徴・メリット・デメリットについてまとめています。

シリコン塗料のメリット

シリコン塗料のメリットについてまず見ていきたいと思います。

シリコン塗料の耐用年数は10年~15年といった長さとなりますから、一昔前に外壁塗装では主流であったウレタン塗料よりも長いです。

コストパフォーマンスが良い

シリコン塗料を選ぶ方の理由としては、コストパフォーマンスの良さもあるでしょう。

塗料の価格相場としては、

  • アクリル塗料 1,400円~1,600円/㎡
  • ウレタン塗料 1,700円~2,200円/㎡
  • シリコン塗料 2,300円~3,000円/㎡
  • フッ素塗料  3,500円~4,500円/㎡
  • 無機塗料   4,500円~5,500円/㎡

といったようは価格相場となっており、フッ素塗料や無機塗料よりも安く費用を済ませることが出来ます。

シリコン塗料よりも耐用年数が長く質の高い塗料はありますが、見合った費用の高さとなります。

それでなくても外壁塗装は高額な工事です。

それを考えると、シリコン塗料は耐用年数も10年~15年が期待出来ますしコストもちょうど良い、と考える方は多いのではないでしょうか。

外壁塗装の種類 関連記事

外壁塗装 塗料の種類と人気の塗料

外壁塗装に使われる塗料の種類、そして現在使用されることが多いコストパフォーマンスの良い人気の塗料をご紹介しています。

シリコン塗料と比較される事が多いウレタン塗料などについても掲載しています。

アクリル塗料・ウレタン塗料と比較して耐用年数が長い

シリコン塗料の耐用年数は10年~15年となり、アクリル塗料・ウレタン塗料よりも長い耐久性となります。

汚れにくい、耐熱性にも優れている塗料のため、外壁塗装にもピッタリといえます。

光沢があり、仕上がりに艶がある

シリコン塗料は艶のある仕上がりで、光沢も長持ちします。

それだけ長い期間、外壁を綺麗な状態に保てるということになりますので、住宅の外観が美しくなります。

マットも良いけれど、艶のある綺麗な住宅の外観に惹かれる方も多いのではないでしょうか。

塗膜が汚れにくい(防汚性が高い)

シリコン塗料は塗膜に汚れが付着しにくい、防汚性の高さも選ばれているポイントです。

メンテナンスが楽ということになります。

耐熱性がある

シリコン塗料は耐熱性にも優れた性能を発揮します。

約600℃に耐える高耐熱性があります。

ただし、アクリル樹脂と共縮合させたアクリルシリコン樹脂は耐熱性が200度とされますので、注意が必要です。

塗料の種類が多いため、外壁塗装のニーズに合わせた塗料を選べる

シリコン塗料は販売数の多い人気の塗料です。
それに伴って様々な質・種類のシリコン塗料が発売されています。

知識を持った塗装業者としっかり打ち合わせしながら、といった前提条件はあるものの、住宅の外壁塗装のニーズに合わせて塗料を選びやすいメリットがあります。

シリコン塗料のデメリット

どの塗料にもデメリットがあります。

ここからはシリコン塗料のデメリットをみていきましょう。

種類が多いので、選ぶのに迷いやすい

シリコン塗料は他の塗料よりも種類が多い塗料です。

そのため、しっかりと塗装業者と打ち合わせをしてご自宅の外壁塗装の希望にあった塗装業者を選ぶ必要があります。

  • 水性1液型
  • 溶剤系1液型(油性)
  • 溶剤系2液型(油性)

とあり、さらに種類別に塗料メーカーから多数の種類のシリコン塗料が発売されています。

大手塗料メーカー、エスケー化研(株)からは水性シリコン塗料として、

  • SKシリコンクリヤーW(1液型)
  • SKセラミファイントップ
  • セラミガード
  • 水性コンポシリコン(1液型)
  • 水性セラミシリコン(1液型)
  • 水性クリーンタイトSi(1液型)
  • 水性セラタイトSi

など多数が販売されています。

他のメーカーからも複数種類のシリコン塗料が発売されています。

それぞれ特徴、適した使用状況、耐用年数などが異なりますので特徴を理解した塗装業者を選ぶ必要があります。

水性よりも油性塗料の方が耐久性、密着性には優れています。

自分でメーカーの商品ページを見て、比較して選ぶのは大変です。

他の塗料よりもシリコン塗料はひび割れしやすい

シリコン塗料のデメリットとして挙げられるのは、アクリル塗料・ウレタン塗料と比べてひび割れしやすいということです。

耐用年数に近くなってきた場合には、地震などでひび割れが起こりやすいです。

また、高速道路や鉄道、新幹線などに近く住宅が揺れることが多い場合にも、ひび割れが起こりやすいといえます。

シリコン塗料は重ね塗りに不向き

シリコン塗料は粘度が低く、ひび割れしやすい塗料です。

そのため、定期的な外壁塗装は大切です。

しかも頻繁に攪拌をしながら塗る必要があるので、シリコン塗料の重ね塗りに慣れた施工実績の多い塗装業者に依頼することが重要です。

劣化症状が起きてきた場合には、早めに外壁塗装を検討されることをおすすめします。

地震でひび割れしやすい

シリコン塗料はウレタン塗料などよりも塗膜が固く、ひび割れしやすい塗料となります。

そのため塗ってからの年数によっては、地震など住宅が揺れることによってひび割れやすい可能性があります。

気象庁から地震の際には発表がありますが、震度階級というものがあります。
気象庁の震度階級は、震度0~4、5弱、5強、6弱、6強、7と10段階あります。

木造住宅の場合、「震度5弱から壁などに軽微なひび割れ・亀裂がみられることがある」とされますので、シリコン塗料の方は地震の際には忘れずに外壁の状況を確認されることを良いかもしれません。

塗装してから10年近い場合、それよりも弱い地震であってもひび割れる可能性はあるでしょう。

シリコン塗料の価格、耐用年数は?

シリコン塗料の価格、耐用年数などをシンプルにまとめて確認していきたいと思います。

シリコン塗料の価格

シリコン塗料を含め、主要な塗料の価格相場としては、

  • アクリル塗料 1,400円~1,600円/㎡
  • ウレタン塗料 1,700円~2,200円/㎡
  • シリコン塗料 2,300円~3,000円/㎡
  • フッ素塗料  3,500円~4,500円/㎡
  • 無機塗料   4,500円~5,500円/㎡

といった費用相場となっています。

シリコン塗料の耐用年数

シリコン塗料の耐用年数は10年~15年となります。

シリコン塗料よりも上位のフッ素塗料は15年~20年。

無機塗料は20年~25年といった長期の耐用年数が期待出来ます。

耐用年数が長い方が、外壁塗装にかかる費用が高くはなりますが、トータルの塗り替え回数を減らすことは可能です。

足場代も塗り替え工事の度に必要になります。

今のあなたの年齢、将来的に住宅をどうするのか(子供に譲り、まだまだ長く使用する考え)などによって外壁塗装も考える必要があるかもしれません。

シリコン塗料の特徴・メリット・デメリット、まとめ

人気の塗料であるシリコン塗料の特徴・メリット・デメリットについてみてきました。

使用されることが多いシリコン塗料ですから、施工実績の多い業者も探しやすいこともメリットといえるでしょう。

とはいえ、業者によって見積り価格に差があるのはシリコン塗料でも同様です。

出来れば、相見積もりを取られて工事内容が詳細、費用も相場内で適切に提案してくれる優良塗装業者を選ばれることをおすすめします。

-外壁塗装 塗料
-,

Copyright© 外壁塗装 見積もり おすすめシミュレーション , 2019 All Rights Reserved.