外壁リフォーム 相場・費用について

外壁リフォーム

外壁リフォーム 相場・費用

投稿日:

外壁 リフォーム 相場

外壁リフォームにかかる費用・相場に関してご紹介しています。

外壁リフォームの費用相場ですが、工事の種類にもよりますが20万円前後~300万円までと幅広くなります。

外壁リフォーム工事の種類としては3種類あります。

  • 補修
  • 塗装
  • 新調

とあり、どの外壁リフォーム工事になるかによって費用の相場は大きく変わってきます。

ご自宅の外壁の劣化状況、症状によって、どういった工事になるのか決める必要がありますが、外壁リフォームの程度が自分ではよく分からない・・・といった場合には、

専門スタッフに相談しながら外壁リフォームについて費用相場が分かる【ヌリカエ】などを利用する方法もオススメです。

外壁リフォームにかかる費用相場に関して見ていきましょう。

外壁リフォーム、工事の種類 費用の相場

外壁リフォームの相場、費用についてですが、やはり高いお金がかかる、というイメージをお持ちの方は多いと思います。

外壁リフォーム、工事の種類 費用の相場についてまず抑えておきましょう。

外壁補修の費用相場

戸建て住宅の外壁でよく見られるのは次のような補修内容です。
合わせて費用相場も以下のようになります。

ひび割れ(クラック)修理

1万円~10数万円
(箇所による)

補修する箇所によっては足場を組む必要があり、その場合、足場代として10万円~15万円の費用が追加となります。

ひび割れの状況によっては、外壁塗装などを考える必要もあります。

コーキング(シーリング)打ち替え

コーキングにひび割れなどが起きている場合も、放置しておくと雨水などが内部に入り込む心配があります。

コーキングの劣化状況により、

  • 打ち替え(700~1,200円/m)
  • 打ち増し(500~900円/m)

とあります。

足場を組む必要がある場合、足場代として10万円~15万円の費用が追加となります。

基本的にはコーキングに劣化症状がある場合には、打ち替えが選択されます。
劣化したコーキングを打ち増ししても、またすぐに劣化してしまう可能性が高いです。

そうなると結局、打ち替えた方が結果的に長持ちし費用も抑えられます。

例えば、30坪2階建て住宅のコーキング打ち替え費用相場としては、

大体150mのコーキングがある考えられ、15万円程度の費用を見ておかれると良いでしょう。

足場も必要になりますから合計で25万円~30万円が費用相場と考えられます。

穴・へこみ・欠け・傷

外壁に大きな穴、へこみがあるのを見つけてしまった・・・。

台風、強風の際に何かが飛んできて外壁の一部だけに穴が開いてしまっている、凹んだといった可能性もあります。

外壁の損傷に関しては、1万円~5,6万円といった費用で補修できる場合が多いです。

外壁にできた穴、傷は放置すると雨漏りの原因になる可能性もあります。
早めに補修・修理されることをおすすめします。

浮き・膨らみ・反り・剥がれ

外壁の一部が浮き・膨らみ・反り・剥がれ、といった症状になっている場合もあると思います。

見た目には一部だけの補修で良いと思っても、診断の結果、部分張り替え、外壁塗装、下地交換などになる可能性もあります。

専門家に診断をしてもらい、見積もりをもらうと良いでしょう。

業者によっては塗装のみ対応可、といった場合もあります。
張り替えも含めて検討したい場合には、複数のリフォーム会社に相見積もりを依頼されると良いでしょう。

⇒ 地元の優良専門業者を探す専門サイト

工事内容、金額なども変わってきますので比較が必要です。

外壁塗装の費用相場

外壁の劣化状況によっては外壁塗装を行う時期です。

チョーキング、ひび割れ、こうした症状が出ており築6年~10年といった住宅の外壁であれば、外壁塗装を行うことを検討されることが必要です。

外壁塗装の費用は

  • 塗料
  • 塗装面積

などによって大きく変わります。

シリコン塗料の単価は、2,300円~3,000円/㎡
フッ素塗料であれば、3,500円~4,500円/㎡

といった単価相場となります。

30坪2階建て住宅の外壁塗装をシリコン塗料で行った場合、70万円~90万円前後を相場として考えることが出来ます。

外壁塗装を行う場合、屋根塗装も行うことが多いので大体120万円が費用相場となります。

住宅の坪数にもよりますが、30坪の住宅であれば120万円以上する場合には、費用が高い可能性があります。

相見積もりで費用が安くなる可能性が高いです。

新調(張り替え・重ね張り)の費用相場

新調には、

  • 張り替え
  • 重ね張り

があります。

外壁リフォームでは、サイディングの張り替え、重ね張りが主流となっています。

張り替えは既存の外壁を撤去、新しいボードを張る工法です。

重ね張りは既存のボードの上に重ねて新しいボードを張る工法です。

サイディングで多く選ばれているのは、窯業系サイディングです。
デザイン性の高さ、短納期での工事が可能などメリットも多いですが耐久年数は他のサイディングよりも短めです。

他には、金属系サイディングなどもあります。

費用としては坪数、ボード、工法などによって大きく変わりますが、150万円~300万円といった費用をお考えになると良いでしょう。

外壁リフォームの費用を抑えるポイント

外壁リフォームの費用相場について見てきました。

  • 補修
  • 塗装
  • 新調

と下にいくほど費用も高額となります。

いずれは外壁塗装などが必要となるにしても、その際に費用を安く抑えるには定期的なメンテナンスをして外壁が劣化しないようにすることが重要です。

コーキングも劣化が始まってきていたとしても、必要な箇所に打ち増しで補修すれば良い状態の場合もあります。

そうして大規模な補修時期を先にすることも可能です。

雨水が浸入しやすい場所を中心に点検、補修されることをおすすめします。

外壁リフォーム、補修は相見積もりで比較

外壁リフォーム、補修も大がかりになるのであれば相見積もりが基本と言えます。

業者によって、見積もり金額が変わります。

特に外壁リフォームに関しては高額になることから、業者によっては数十万円、費用が変わってきます。

外壁リフォームはトラブルが多い工事です。
費用が相場から高すぎないかチェックされることが重要となります。

それには1社だけの見積もりを取って決めてしまわないこと。

1社だけだと、その見積もり金額が相場よりも安いのか、高いのか判断がしにくいです。

3社程度の相見積もりを取ることによって、相場との比較をしやすくなりますので検討されることをおすすめします。

-外壁リフォーム
-,

Copyright© 外壁塗装 見積もり おすすめシミュレーション , 2019 All Rights Reserved.