外壁のチョーキング

外壁塗装の知識

外壁塗装は築何年でするのが良い?

投稿日:

外壁塗装は築何年目にするのが良い?

外壁塗装は築何年目にするのが良いの?

戸建てを建てたときに住宅メーカーの営業マン、建築士さんなどから教えてもらったような気もするけれど・・・。
10年前などの話だと、すっかり忘れるものです。

外壁塗装は築何年目にすると良いのか、というと目安としては築10年が目安となります。
外壁の状態によっては15年を目安として外壁塗装する場合もあります。

必ず築10年目で塗り直さないとダメ、といったことはありません。

ただ、目安としては新築から10年目を一つの目安の時期として15年目くらいの間で外壁塗装をお考えになると良いのではないでしょうか。

なぜ、外壁塗装は築10年目といわれるのか

そもそも、外壁塗装は築10年前後で行わないといけないのでしょう?

理由としては、塗料には寿命があり10年程度で寿命を迎える塗料を使用していることが多いためです。

住宅を新築したときに外壁にどういった塗料を使用しているかによって、耐久年数は変わってきます。

資料が残っている方はぜひ確認をして見てください。

外壁塗装に使用される塗料の寿命ですが、

  • アクリル塗料 4年~7年
  • ウレタン塗料 6年~10年
  • シリコン塗料 10年~15年
  • ラジカル塗料 10年~15年
  • フッ素塗料  15年~20年

といった期間とされています。

塗料を塗る職人さんの技術、住宅の環境などによって思いのほか外壁が傷む時期が早いケースもあります。

一般的に新築時に塗られる塗料として多いのは、ウレタン塗料やシリコン塗料です。

その場合、築10年前後が寿命となります。

場合によっては、新築時の外壁にアクリル塗料が使用されている場合もあります。
その場合は、新築から5年目で外壁塗装が必要になります。

外壁塗装は塗られている塗料によって、築何年目で行った方が良いかが変わってくると言えます。

急に外壁塗装が必要です、と言われても費用を聞いてビックリしてしまいます。
100万円前後かかりますからね・・・。

戸建ての坪数が大きく、塗装面が広いとさらに高額になります。

築10年目を目安として、外壁塗装の費用を貯めておけると良いのですが子供の学費や習い事の出費、給与の伸びが悪い等でなかなか難しいともいえます。

高額なこともあり、外壁塗装を出来るだけ先延ばしにという方も多いのではないでしょうか。

新築の場合、実は築5年目が外壁塗装の時期?

新築戸建ての場合、アクリル塗料を使用しているケースもあります。

住宅メーカーが利益を出すためにアクリル塗料を使用している場合もありますし、新築住宅の場合、築数年して住宅の状態が落ち着いてから耐用年数の長い塗料で外壁を塗り直すといった考え方もあります。

その場合、住宅メーカーの方からも5年目で塗り替え時期として勧めてくることは多いようです。

外壁の状態に応じて検討することが大切です。

外壁は築10年目に劣化が起きやすい

例えば、近年新築住宅の外壁に塗られることが多いウレタン塗料やシリコン塗料ですが、耐用年数は10年前後となります。

耐用年数を迎えると、外壁はどうなるかというと劣化してきます。

チョーキング」という現象が起こります。

チョーキング

チョーキングとは、外壁を触ると手や指にチョークの粉のようなものが付く現象です。

外壁塗料による膜の防水効果が無くなってきているサインとなります。

シーリング材(コーキング)のひび割れ

合わせて、シーリング材(コーキング材)も雨、紫外線などで劣化します。

シーリング材の防水効果も10年程度で失われると言われますので、10年前後は、補修のタイミングともいえるでしょう。

ひび割れ(クラック)

外壁にひび割れ(クラック)が発生することもあります。

ひび割れといっても大きさ(深さ)によって経過を見て良いもの、補修が必要なものとあります。
心配でであれば、一度信頼出来る業者さん(優良塗装業者)に見てもらうと安心です。

信頼出来る業者が知り合いにいない場合には、ヌリカエなどの外壁塗装 一括見積もりサイトを利用して、地元の優良塗装業者に見てもらえるようにする方法がおすすめです。

カビ・苔・藻

カビ・苔・藻も外壁塗装のサインと言えます。

というのもカビ・苔・藻は劣化が進行している外壁に発生するからです。

ちなみにこれらは一度発生すると、増殖し続けるものです。

外壁にチョーキング、カビ・苔・藻などがあった場合には、補修、外壁塗装を検討するタイミングと考えることが必要です。

築10年目、何かしら補修が必要な箇所が発生していることも多い

新築住宅も築10年ともなれば何かしらの補修が必要な箇所があるものです。

シーリング材(コーキング剤)も通常、10年程度が寿命と言われます。
同時にウレタン塗料やシリコン塗料も10年前後が耐用年数となります。

状況によっては必ずしも外壁塗装が必要ではありません。

お客さんの立場に立って点検・提案を行ってくれる業者さんによっては、箇所をしっかり補修することでまだ外壁塗装自体は先でも大丈夫、と伝えてくれます。

気になる外壁の劣化症状が出てきた場合には、出来るだけ早めに業者さんに点検をお願いされると良いでしょう。

-外壁塗装の知識
-,

Copyright© 外壁塗装 見積もり おすすめシミュレーション , 2020 All Rights Reserved.