外壁塗装カラーシミュレーション

色の参考

無料で使える!外壁塗装カラーシュミレーション

投稿日:

我が家の外壁塗装、どれくらい費用がかかる?一括見積もりするなら

ヌリカエ

外壁塗装 カラーシュミレーション

外壁塗装をしようと思った時、困るのが「外壁の色を決める」ことだと思います。

自分の家に合う外壁の色ってどんな色?今回はせっかくだからイメージチェンジをして明るい感じにしたい。
落ち着いていて汚れが目立たない外壁の色にしたい。

実際に色々と壁に色を塗って試す、といったことは出来ませんよね。
こうした時に役立つのが無料で利用出来る外壁塗装のカラーシミュレーションです。

ここでは無料で使える!便利な外壁塗装カラーシミュレーションをご紹介しています。

塗料メーカーや塗装業者が提供する無料 外壁塗装 カラーシミュレーション

塗料メーカーや塗装業者が外壁塗装の際に役立つカラーシミュレーションを提供してくれています。

簡単に住宅の外壁、屋根、ベランダといった部分の色の組み合わせを変えることが出来ますので、塗装のできあがりイメージを掴むことが可能です。

無料で利用することが出来ますので、ぜひ活用してみてくださいね。

小林塗装のカラーシミュレーション

小林塗装のカラーシミュレーション

日本の住宅で、よくある12種類のスタイルから、お客様のお住まいに近い住宅を選んで頂き、お客様自身で、お好みの色のシミュレーションをお作り頂けます。
日本の住宅にマッチする一般的な色を集めていますので、簡単にカラーシミュレーションのイメージをお作り頂けます。

とありますが、ベースとなる住宅は少し大きめです。

外壁も1階、2階でそれぞれ2種の色、屋根、破風、基礎など色を組み合わせることが出来ます。

色は一般的なものが多いので、色の組み合わせをイメージしやすいのが特徴です。

公式URL:外壁塗装のカラーシミュレーション|塗装工事専門店 小林塗装

エスケー化研のカラーシミュレーション

エスケー化研のカラーシミュレーション

エスケー化研は建築用塗材・塗料の大手メーカーです。

ベースとなる戸建て住宅を選び、外壁1、外壁2、屋根、付帯部、玄関のカラーシミュレーションをすることが出来ます。

カラーバリエーションも多く参考にしやすいと思います。

使いやすいので、おすすめの外壁塗装カラーバリエーションです。

公式URL:住宅塗り替えシミュレーション | エスケー化研株式会社

日本ペイントのカラーシミュレーション

日本ペイントのカラーシミュレーション

日本ペイントのカラーシミュレーションの特徴は、自宅の写真を使ってシミュレーションをすることが可能な点です。

・理想のライフスタイル
・住宅外観の特徴から
・自宅の写真を使って

と3種類のカラーシミュレーションが利用出来ます。

公式URL:カラーシュミレーション | 自宅配色 - 外壁塗装のハナコレ(日本ペイント株式会社)

関西ペイントのカラーシミュレーション

関西ペイントのカラーシミュレーション

住宅のタイプは4種類です。

非常に細かなカラーシミュレーションが可能なことが特徴です。

関西ペイントの標準色だけでなく、日本塗料工業会色見本からもカラーを選択できることも特徴と言えます。

公式URL:Re:Paint(関西ペイント 戸建て塗替シミュレーション)

おすすめ!外壁塗装カラーシミュレーションはこれ

外壁塗装カラーシミュレーション、ツールの使いやすさ、画面の見やすさなどを考慮しておすすめしたいのは、

エスケー化研のカラーシミュレーション

です。

選べる部位は

  • 外壁1
  • 外壁2
  • 屋根
  • 付帯部
  • 玄関

とベーシックな物ですが、カラーシミュレーションの参考にはなると思います。
使いやすく迷いにくい点が良いです。

十分、色のイメージを使えるのではないでしょうか。

日本ペイントのカラーシミュレーション

公式URL:住宅塗り替えシミュレーション | エスケー化研株式会社

外壁塗装カラーシミュレーションを使用するときの注意点

外壁塗装をする前に、こうしたカラーシミュレーションを利用される方は多いと思います。

塗装業者との打合せでは、

・色見本帳
・塗り板

を貸し出してもらえますが、大きさが限定的です。

この塗料の色を壁にしたらどんなイメージになるか、といったことが具体的に掴みにくいのがデメリットともいえます。

どういった色の組み合わせが良いのか、参考にするという意味では外壁塗装シミュレーションはとても便利なツールです。

ただし、次のような点に注意が必要です。

実際の色の見え方とは違うこと

カラーシミュレーションで選んだ色ですが、これ自体が実はパソコン、スマートバリューの画面の明るさなどによて既に見え方が違っています。

また部屋や屋外の明るさ、天気などによっても見え方が違います。

あくまで、色の組み合わせ、色を変えたときのイメージ、カラーシミュレーションを行ったときの住宅の印象などを参考にしたいですね。

面積効果

外壁塗装の際、色見本と実際に塗った壁では違う色になった、といったトラブルも発生することが多いと言います。

住宅内部、キッチンやトイレなどの床材、壁紙などリフォームを経験されたことがある方はお分かりになるかと思いますが、色見本などで良いと思っても、実際に貼ってみるとイメージと違う色になったということは多いのではないでしょうか。

これは「面積効果」といって、

「同じ色でも、小さい面積と大きい面積では見え方が変わる」

ためです。

外壁はさらに比較にならない位に大きな面積となりますので、注意が必要です。

可能であれば、同じ色で塗った住宅を見に行く

塗装業者によっては、過去に同じ色で塗った住宅を見に行くことも可能です。

実際に塗った色を見るのが一番、参考になりますね。

もし可能であれば、ぜひ行ってみてください。

-色の参考
-,

Copyright© 外壁塗装 見積もり おすすめシミュレーション , 2020 All Rights Reserved.