外壁塗装の疑問

外壁塗装の知識

外壁塗装、相見積もりは何社から取ると良い?

投稿日:

我が家の外壁塗装、どれくらい費用がかかる?一括見積もりするなら

ヌリカエ

外壁塗装、相見積もりは何社?

外壁塗装をする際、相見積もりはぜひ行うべきです。

知り合いで腕の良い塗装業者がいて、そこにお願いしようと決めている。
といった場合には、相見積もりは必要ありませんね。

しかし多くの人の場合、塗装業者に知り合いもいないでしょうしメーカー経由はマージンが発生して割高。
今回の外壁塗装は出来るだけ安い費用で仕上げてくれる塗装業者を探したいな、という方が多いのではないでしょうか。

外壁塗装は1社だけで決めると、その費用が果たして相場と比べて安いのか高いのかが分かりません。
複数の塗装業者から相見積もりを取ることで、外壁塗装の費用相場も把握しやすくなります。

外壁塗装、相見積もりは何社から取ると良いでしょうか。

外壁塗装、相見積もりは必須です

外壁塗装では相見積もりは必須と言えます。

というのも、外壁塗装はトラブルが多いためですね。

「公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター」によると、

2017年中に受理した相談件数は28,142件
リフォームに関する相談は10,138件となっています。

そしてリフォームの相談の中で外壁塗装は非常に相談件数が多いのです。

参考:住宅相談統計年報 2018
(pdfファイルが開きます)

不具合の現象としては、

  • 雨漏り
  • はがれ
  • 性能不足
  • ひび割れ
  • 汚れ

といったように、外壁塗装での不具合の現象も多く相談が寄せられています。

こうした不具合は技術のある塗装業者であれば起こるリスクも低くなりますし、アフターがしっかり保証されており対応があればトラブルに発展することも少ないです。

優良塗装業者を選び、外壁塗装を施行してもらうことがとても重要です。

優良塗装業者を選ぶ方法としても、相見積もりは有効なんですね。

外壁塗装、相見積もりは何社から取ると良い?

では、相見積もりは何社くらいから取ると良いのでしょうか?

一般的には3社で相見積もりを取ることが多いと言えます。
多くても4社で十分ではないでしょうか。

3社、塗装業者からの見積もり書が出れば内容もそれぞれで比較をしやすくなりますし、工事内容の比較や塗料の比較などもしやすくなります。

2社での相見積もりだと、平均を考えにくいので決められない・・・といった方もいると思います。

3社での相見積もりだと、選択肢が増えて比較をしやすくなります。
3社全ての見積り金額がかけ離れることも考えにくいですから、外壁塗装の相場も掴みやすくなるメリットがあります。

当然ですが、相見積もりを取る塗装業者が増えれば増えるほど、現地調査に必要な時間も増えますし、やり取りも増えます。

単純に大変なのです。

また、塗装業者で見積もりを出しに来た担当者の顔などを忘れてしまって、訳が分からなくなる・・・といった可能性もなきにしもあらず、です。

出来るだけ多くの塗装業者から相見積もりを取った方が良い、といった方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には3社、多くても4社から見積もりを取れば十分といえるでしょう。

もちろん、どの塗装業者にも同じ条件で見積もりを依頼するようにしてください。

相見積もりをする外壁塗装業者、どこで探すと良い?

冒頭にもありましたが、知り合いに腕の良い塗装業者がいる、そこにお願いすれば大丈夫、といったような方でも無い限り、

「うちの外壁塗装、どこにお願いしたら安く綺麗に仕上げてくれるのかな・・・?」

と迷うのではないでしょうか。

そうそう知り合いはいない方が多いと思いますし、実は知り合いのツテで塗装業者を選ぶのも、トラブルの原因になることがあります。

知り合いと繋がっているので、なんだか「かえって言いにくいな・・・」と思ってしまう。
そうした事が実際、高確率で起こりえます。

金額に関しても高いと思いつつ・・・他の業者と比較して断るのは悪いと思ったので相見積もりを取らずにお願いしてしまう。
そうしたことも起こりやすいでしょう。

相見積もりを取る業者探しですが、手軽な方法として一括見積もりサイトを利用する方法がおすすめです。

それも提携にあたり、審査を行っており出来る限り地域の優良塗装業者と提携することに力を入れている一括見積もりサイトが良いでしょう。

中には外壁塗装に関して中立の立場で相談、アドバイスを貰えるサービスも増えてきています。

営業電話が来ない一括見積もりサイトもありますので、そうしたサービスを利用される方法がおすすめです。

相見積もりを3社程度、行うことが出来ます。
(お住まいの地域によって、提携あり紹介可能な塗装業者数は変わります)

相見積もりの目的とは

相見積もりを3社、4社といった複数社からもらう目的は、

・外壁塗装の費用相場が分かる

・工事内容の比較がしやすい

・悪徳業者を見抜きやすい

といったことにあります。

比較するに当たっては3社で十分比較が可能と言えるでしょう。

優良塗装業者は見積もり書も詳しい傾向があります。
質問にも丁寧に答えてくれるでしょう。

ちなみに、値切り見積もり書を値切り交渉に使うのは避けた方が良いです。

塗装業者それぞれに人件費など経費の掛かり方が違う部分もあります。

それに優良塗装業者の場合には、最初から適切な相場で価格で提示してくれています。
値切りは難しいのです。

その価格を判断するためにも、相見積もりは有効です。

無理な値切り交渉は、工事の質の低下を招く可能性がありますので注意が必要と言えますね。

相見積もりの際には、希望を伝えることがとても重要です

相見積もりの際には、塗装業者に対して今回の外壁塗装の「希望条件」をしっかり伝えることが大切です。

「外壁のイメージチェンジをしたい」

「ツートーンにしたい」

「次の外壁塗装まで長く保たせたい。耐用年数を長くしたい」

「屋根も一緒に塗装したい」

「あまりお金がないので、予算を超えないように提案して欲しい」

など、希望を伝えないと塗装業者の方でもどこを重視して提案して良いか分からず、困ってしまうといった事態になりやすいです。

相見積もりをする前に、外壁塗装の知識を身に付けることが大切

外壁塗装の相見積もりをする前に、私たち自身もしっかりと外壁塗装に関しての知識を得てから問い合わせであったり、一括見積もりサイトの利用した方が良いでしょう。

外壁塗装の知識が全く無い状態で見積もり書を出して貰っても、その内容を判断することが出来ません。

相見積もりで、業者ごとの見積もり書の工事内容を比較することが重要です。
しかし、知識が無いと工事内容の比較がうまく出来ません。

もし、いずれの見積もり書にも記載が抜けている工事があった場合、気づけないということになります。

後から追加請求されるという可能性も否定出来ません。

見積書の工事内容をチェックする事は、依頼する外壁塗装業者を決めるためにはとても重要になります。

見積もりを出すためには現地調査を行いますが、この現地調査に関しても、施工主も一緒に行うことも出来ます。

分からない部分は積極的に質問をして、知識を身に付けるようにされることをオススメします。

またその際、質問に対しての塗装業者の答え方、内容に関しても優良塗装業者かどうかを判断する際に参考になりますよ。

一括見積もりサイトを使用したとしても、見積もりの候補になるのは地域の塗装業者です。

長く営業を行っている塗装業者ほど、地域での評判などは気にしています。

塗装に満足してくれたお客さんからの口コミでの紹介も今後あり得ますし、優良塗装業者はやはり丁寧に対応してくださることが多いと言えます。

-外壁塗装の知識
-

Copyright© 外壁塗装 見積もり おすすめシミュレーション , 2020 All Rights Reserved.