屋根塗装も外壁塗装もする

屋根塗装の知識

屋根塗装は何年目でするの?

投稿日:

我が家の外壁塗装、どれくらい費用がかかる?一括見積もりするなら

ヌリカエ

屋根塗装の寿命は?は何年ぐらい持つ?

屋根塗装を検討されている方も多いと思います。

屋根塗装の寿命は?は何年ぐらい持つのでしょうか。

屋根って下(地上)から見ても見えないですから、劣化がよく分かりませんよね。
気付いたら雨漏りしていた・・・といったことでは困ります。

そのため屋根塗料の寿命に合わせて、劣化状況をチェックし屋根塗装をし直した方が良いといえます。

新築戸建ての場合、外壁塗装と同じ塗料が屋根塗装にも用いられていることが多いため、外壁塗装と一緒に屋根塗装もする方が多いです。

屋根、外壁の劣化状況をチェックしてもらいたいけれど、優良業者の探し方を知りたい、複数の塗装業者に見積もりをもらって比較したい、という方におすすめの見積りサイトもご紹介しています。

屋根塗装の塗り替え時期

屋根塗装の塗り替え時期ですが、塗料によって変わりますが一般的には10年が目安となります。

最近の新築戸建ての場合、多くの場合ウレタン塗料、シリコン塗料が使用されていますが耐用年数が10年程度のためです。

外壁も同じような時期に塗料の寿命がきますので、業者さんに一緒に劣化状況を点検してもらうケースが多いです。

屋根塗装に使用される塗料の寿命ですが、

  • アクリル塗料 4年~7年
  • ウレタン塗料 6年~10年
  • シリコン塗料 10年~15年
  • ラジカル塗料 10年~15年
  • フッ素塗料  15年~20年

とされています。

ただし、屋根は外壁よりも紫外線を受けますし、風、雨、雪などの影響を受けやすいために劣化しやすいということに注意しなくてはなりません。

外壁は10年目の点検で問題無くても、屋根塗装は必要になるといったことはあります。

屋根塗装、外壁塗装は一緒にやってしまった方が安くなる?

屋根の塗り替えが必要、でも外壁はあと2,3年は大丈夫そう、といった場合。

実は屋根も外壁も一緒に塗装をしてしまった方が、お得です。
費用を安く済ませることが出来ます。

その理由は、足場代が1回分で済むからです。

屋根も外壁も塗装をする場合には足場を組みますが、足場代が意外と高いのです。

屋根・外壁を分けて塗り直すと二度、足場代が発生します。

戸建ての大きさにもよりますが20万円以上かかる場合もあります。

屋根塗装もしっかりお考えの方でしたら、外壁塗装も確実に行うことをお考えだと思います。

20万円近い費用は、大きな負担です。

であれば屋根も外壁も同時に行うことで足場代を節約することもお考えになってみてください。

1回の塗装で屋根、外壁を行う方がお得です。

塗料の寿命が来たら、屋根の劣化状況を業者に確認してもらうのがおすすめ

新築、もしくは前回屋根を塗り直した時期から塗料の耐用年数がきた場合、一度屋根の劣化状況を業者に確認してもらうことがおすすめです。

なにせ、屋根の状況は下からではよく分かりませんし、仮に私たちが屋根に上がって確認したとしても劣化状況は分からないと思います。

もし分かった場合には、相当な劣化の証拠です。

その前に、屋根の形状によっては素人が簡単に登ってしまっては危険ですよね。
塗料の寿命の目安としては、先ほどもありましたが、

  • アクリル塗料 4年~7年
  • ウレタン塗料 6年~10年
  • シリコン塗料 10年~15年
  • ラジカル塗料 10年~15年
  • フッ素塗料  15年~20年

が目安となります。

ただし、屋根は紫外線、雨、風、雪などに晒されているために耐用年数よりも早く傷んでいる可能性もあります。

そういえば、と気になったら一度業者さんに屋根の劣化状況を確認してもらうと安心です。

優良業者であれば、きちんとまだ大丈夫、といったことを伝えてくれます。

訪問販売の業者には注意してください。
基本的にトラブルになることが多いのは訪問販売の悪徳業者と言われます。

10年目の屋根、外壁の定期点検で塗装、補修が必要になったら

もし屋根、外壁の点検を業者さんに行ってもらい、塗装や補修が必要になったら適切な時期に作業を行うことも必要です。

適切な時期に塗装を行うことでしっかり塗料が硬化しますので、より性能を発揮できます。

雪が降る地域はやはり夏場が最適な時期です。

雪が降らない地域は梅雨時期や台風の時期を避け、気候が安定している時期を選んで塗り直しなどをすると良いです。

春が最適な地域は多いと言えますね。

住宅を長持ちさせるためには、屋根塗装、外壁塗装は欠かせません

決して安くはない費用がかかりますから、しっかりと性能を発揮し塗料の耐用年数は保つようにしっかりと作業を行って貰いたいものです。

屋根も外壁も劣化が進むと塗装や補修では済まず、張り替えなどの対処が必要となってきます。
そうなうと、さらに高額な費用が発生してしまいます。

早めに点検、塗装を行うことが結果として安く、住宅を長持ちさせることに繋がります。

そのためには、地元の優良塗装業者に点検、見積もり、作業を行ってもらう事が重要になります。

-屋根塗装の知識
-,

Copyright© 外壁塗装 見積もり おすすめシミュレーション , 2020 All Rights Reserved.